酢料理レシピ

ひじきとキンピラの おばんざい寿司 

ひじきとキンピラの おばんざい寿司 

印刷
材料(4人分)
3合
富士すし酢90cc
具の材料
ひじきの煮物(残りものでよい)適量
キンピラゴボウ(残りものでよい)適量
白胡麻(炒ったもの)適量
純米富士酢ですし酢を作る場合には 【米1合につき】
純米富士酢25cc
3g(小さじ1/2)
砂糖6~10g(小さじ2~3) 
作り方
1) すし飯用に米3合を炊く。炊きあがったら、ご飯を飯切りかボウルにとり、分量の富士すし酢をまんべんなくかけてしばらくおく。
2) 木杓子で切るように混ぜ合わせ、艶よいすし飯に仕上げる。
3) ひじきの煮物とキンピラゴボウは、汁が多い場合はそれぞれ汁気を切っておく。
4) すし飯を半分に分ける。
一方にはキンピラゴボウ、もう一方にはひじきの煮物を混ぜて、ざっくりと混ぜる。
5) 器に盛りつけたら、キンピラゴボウの上には炒り胡麻をふって召し上がれ。

お酢や 母娘の一言

しみじみと美味しいお寿司ねぇ。

これは残りもので作ればいいの。 おばんざいを沢山つくったときにも目先がかわっていいでしょ。

今回は升に盛りつけてみたけれど、ちょっと器を工夫すると食べるのが楽しくなるわね。

酢料理レシピトップへ