酢料理レシピ

鶏肉のアドボ

鶏肉のアドボ

印刷
材料(4人分)
鶏手羽元8本(500g)
富士ピクル酢100ml
しょうゆ50ml
じゃがいも3~4個(450g)
玉ねぎ1個(170g)
にんにく1かけ
ローリエ1枚
ブラックペッパー適宜
作り方
1) 分量の鶏肉、富士ピクル酢、しょうゆをジッパー付き保存袋に入れ、冷蔵庫で半日以上漬けておく。
2) じゃがいもは半月切り、玉ねぎはくし切りにする。にんにくは皮をむき、包丁の腹でつぶす。
3) 1)の鶏肉を取り出し、水気をよくふき取る。(つけだれは捨てないこと)
4) フライパンにサラダ油を熱し、3)の肉を弱火で焼き、皮に焼き色をつける。
5) 鍋に鶏肉、じゃがいも、つけだれ、にんにく、ローリエを入れ、蓋をして煮る。
6) じゃがいもに大体火が通ったら、2)の玉ねぎも加えてさらにひと煮する。
7) 器に盛り付け、お好みでブラックペッパーをかけてどうぞ。

お酢や 母娘の一言

フィリピン料理のアドボからヒントをもらって、ピクル酢で作ってみたんです。酢でマリネしてから煮込む料理をアドボって言うんですって。

ピクル酢なん?おいしいね。酸味はそんなに出てないから分からんかったわ。

肉の保存のためにも良さそうですよ。漬けた状態で冷蔵庫で1週間は持ちました。

ほんとう、そんなに大丈夫なんやね。

暑い国だから保存の意味でする料理みたいです。一応匂ってみてからお願いします・・・つけだれはピクルスの残り液に純米富士酢、おしょうゆでもいいと思います。

フィリピンの肉じゃがやねぇ。味がしみた翌日にいただくとよりええねぇ。

酢料理レシピトップへ