酢料理レシピ

手巻き寿司

手巻き寿司

印刷
材料(3〜4人分)
すし飯
3合
富士手巻きすし酢または富士すし酢90ml
具材
海苔適量(1/4に切る)
刺身3〜4人前
いくら適量
ひきわり納豆1パック
大葉適量
きゅうり、みょうがなど季節の野菜適量
作り方
1) すし飯用に米3合を炊く。
この時、水の量は混ぜ合わせるすし酢の分(米1合につき30ml)だけ減らすこと。
 *新米の場合は、さらに1合につき15ml減らす
2) 具材をそれぞれ下ごしらえし、盛り付ける。
3) ご飯が炊きあがったら、飯切りかボウルにこんもりとした山型になるようにしてとる。分量の富士手巻きすし酢(または富士すし酢)をまんべんなく回しかけて1分おく。
4) 木杓子で切るように混ぜ合わせ、艶よいすし飯に仕上げる。(急ぐときは、混ぜ終わってからうちわであおいで人肌くらいに冷ます。)
5) 海苔に寿司飯を適量広げ、お好みの具材を巻いて召し上がれ。刺身は醤油につけてから巻くと美味しいです。

お酢や 母娘の一言

米は粘りが出ないようにやさしくとぐのがポイントよ。

炊く時の水はかなり少なくするんですね。でも、すし飯になったらちょうどですね。

手巻きすし酢は特に魚貝にようあうね。すし酢でもいいけど手巻き寿司には断然手巻きすし酢やね。

酢料理レシピトップへ