酢料理レシピ

桃色寿司

桃色寿司

印刷
材料(4人分)
3合
紅色あわせ酢の材料
富士すし酢大さじ3
紅芋酢大さじ3
砂糖大さじ1と1/2
2つまみ弱
鮭そぼろの材料
鮭缶(あけぼの印)180g
砂糖大さじ2
大さじ1/2
薄口しょうゆ小さじ1/4
小さじ1/2
生姜のしぼり汁小さじ1
上おき飾りの材料
紅生姜適量
作り方
1) 鮭缶から鮭を取り出して木べらで細かくつぶす(このとき鮭皮と水分はなるべく入れないようにする)。テフロン加工のフライパンに調味料と鮭を入れて混ぜ、弱火にかける。全体を木べらで細かく切りながら15分ほどかけてじっくり炒り、鮭そぼろを作る。小さなダマになったら出来上がり。
2) 紅色あわせ酢の材料をよく混ぜ合わせておく。
3) 炊きあがったご飯(ご飯を蒸らす時間はほんの少しでよい)を飯台にこんもりと山高に盛り、紅色あわせ酢をまんべんなくかける。
4) 木杓子で切るようにして手早く混ぜ合わせ、うちわで水気をとばしながら艶よい酢めしに仕上げる。
5) 酢めしが人肌くらいに冷めたら花型の半分弱くらいの高さまで詰めて平らにならし、上に鮭そぼろをちらす。
さらに酢飯を詰めて平らにならし、上にも鮭そぼろをちらす。
6) 型から抜いて器に盛り、花型に抜いた紅生姜を飾る。

お酢や 母娘の一言

京都・丹後地方の郷土料理「鯖のそぼろ寿司」を鮭にアレンジしたもの。 酢飯も具も桃色だから、お雛祭りやお花見のときに作っても素敵。

紅芋酢で作る酢飯には甘辛い具がよく合うのよね。

鮭そぼろは余り火を入れすぎるとパサパサして美味しくなくなるから、しっとり感がある程度につくるのがコツよ。

なるほど。

酢料理レシピトップへ