無花果酢

伝説的シェフ、ロブション氏の舌も満足!

 いちじくからいちじくもろみを造り、さらに発酵と熟成を重ねていちじく酢を造りました。イタリア料理やフランス料理などによくあうフルーティーな味わいが特徴。ほんのりしたいちじくの風雅な香りはドレッシングやビネガードリンクにも最適です。地元・京都のホテルでは煮詰めてバルサミコ酢のかわりに使っていただいています。
 フランス料理界の伝説的シェフ、ジョエル・ロブション氏にも、こんなお誉めの言葉をいただきました。
「イチジクのビネガーは初めてですけれど、悪くないですね。いや、私の“悪くない”はとてもいいという意味なんですよ(笑)。やわらかい酸味も果物のピュアな香りも、実にさわやかで、私好みの味わいです」(「カーサ ブルータス」2001年1月号より)
※もろみ……酒を造る際に、酒と粕に分ける前段階のもの

「無花果酢」の美味しい召し上がり方

  • 無花果酢、オリーブオイル、塩、黒こしょうでフレンチドレッシングに。
  • マヨネーズを無花果酢でのばしてサラダソースに。
  • お肉料理にも好相性です。

価格:
648円(120ml)

原材料:無花果(愛知県産)
賞味期限:製造日より2年(直射日光のあたらない場所で、常温保存してください。開栓後、空気中の酢酸菌により浮遊物が生じ風味が劣化することがあります。キャップをきちんと閉めて保管ください。オリがたまることがありますが品質には問題ありません。)

無花果酢 この商品を購入する

無花果酢をつかった料理のレシピ

豚あさりキャベツのビネガー炒め
純米富士酢 / 無花果酢
いろいろキノコの熱々マリネ
無花果酢
お酢が肝!鶏レバーの赤ワイン煮
無花果酢
アイスクリーム 苺のマリネ添え
無花果酢
すべてのレシピをみる

お客様の声